a0002_004088

男の恋愛・結婚講座 歌手 華原 朋美さんから学ぶ「愛と恐れとは」

男の恋愛・結婚講座テーマ「愛と恐れ」はついてです。スピ系の書籍・ブログでも「愛と恐れ」というテーマで情報があふれかえっています。スピ系専門用語で抽象的に語られているので、スピ系に興味がない人からすると意味不明???の宇宙語の状態だと思います。私もV心理学を学んでいた10年前は意味不明でした。ようやく...

記事を読む

無題

更年期障害克服法 「2×6」呼吸法を検証する。

先日、テレビ朝日「モーニングバード」にて更年期障害の特集をしていました。更年期障害が起きるのは女性では4人に3人、男性では4人1人だと言われます。年齢は45歳~55歳に多く見られ、期間は通常2~3年ほどだと言われます。1.のぼせ2.ほてり3.異常発汗(寒いのに汗がでる等)4.抑うつ5.不眠更年期障害...

記事を読む

o0800050013001922647

脳の持つ特性 「可塑性の原則」について

20年以上前の脳の常識では脳細胞は死滅していくだけで増えることはなく、脳自体も変化することはないと考えられていました。しかし、ここ10年の脳科学、特にBMI技術の発達によって脳は何歳になっても変化していくことが分かってきました。脳科学関連の教科書は大幅に改訂されています。今回は「脳の可塑性」について...

記事を読む

Brain

モチベーションアップ方法 「宣言効果」を積極的に使おう

モチベーションアップの方法に「宣言効果」という方法があります。ある目標を達成するのに、あらかじめ目標を周囲に宣言してしまうと達成率が上がるという効果を「宣言効果」と呼んでいます。この「宣言効果」を有効に活用しているトップアスリートがいます。アテネ・北京オリンピック金メダリスト北島康介選手です。北島選...

記事を読む

o0150012512946542127

夢・目標を達成する必要条件「まず行動を起こすこと」

歴史上の偉大な発明家と呼ばれる。レオナルド・ダビンチ、アンシュタイン、エジソンには共通点があります。「一つのテーマを考え抜いて浮かび上がったアイデアを逃さないためにメモ魔になる」ことです。京セラ創業者稲盛名誉会長は「努力」「一生懸命」という言葉を使いません。なぜならプロフェッショナルなら当たり前であ...

記事を読む

o0481035613133408996

男の恋愛・結婚講座 アメクリップより男が結婚できない理由を心理学で読み解く

男の恋愛・結婚講座「男が結婚できない理由」を心理学で読み解く今回、アメクリップ記事に気になる記事がありました。↓↓↓『「結婚出来ない男」ってどんな人?』「男ができない理由」を心理学で読み解いてみましょう。近年は草食系男子と呼ばれるように男性が恋愛・結婚に対して積極的・興味が薄れてきている傾向が強くな...

記事を読む

o0481032013130898437

ホリエモン・心屋仁之助氏のケースから学ぶ男性・女性性の法則(仮説)

以前、ナイナイアンサーでホリエモンこと堀江貴文氏が出演して、心屋仁之助氏との会話の中で、自身の過去について番組で語っていました。堀江氏はご存知のようにライブドアを起業して、一躍ヒルズ族と呼ばれる時代の寵児になりました。お金・名声も手に入れて我が世の春を謳歌していましたが、一転ライブドア事件が起こり東...

記事を読む

o0500035713128317090

男の恋愛・結婚講座 「チャック女子」の心理から読み解く男性性・女性性とは

今回のテーマは「チャック女子」の心理パターンから男性性・女性性について男性性・女性性の法則性が理解できると、男女関係だけでなく人間関係、ビジネス、お金や社会構造の本質までが理解できるようになります。「チャック女子」とは以前の記事で説明しています。↓↓↓チャック女子の隠れたギフト(才能)ここで男性性と...

記事を読む

o0500033313127438185

「仮説」サイキック系ヒーリング・リーディングのリスクを脳機能・脳波から検証

最近のスピリチュアルブームで「レイキ」・「シータヒーリング」に代表されるヒーリング・リーディングを手軽に学べる機会が増えています。ネットでは「素晴らしい効果」「人生が変わる」といった宣伝ばかりが強調されています。リスク・危険性について「科学的・理論的」にネットで語られることはほとんど見かけません。(...

記事を読む

o0350022012972993124

羽生 弦選手のケガから見える日本のスポーツ界の時代遅れな発想

フィギアスケート羽生弦選手の怪我後のフリー演技を強行出場したことについてテレビ、新聞、スポーツ界を巻き込んで賛否両論の論争が起きています。脳震盪後の競技について危険性が最近ようやく指摘されてるようになりましたが。バイオフィードバックメーカーの立場からすると「議論の発想がアメリカに比べて10年遅れてい...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 19