男の恋愛・結婚講座 歌手 華原 朋美さんから学ぶ「愛と恐れとは」

男の恋愛・結婚講座 テーマ「愛と恐れ」はついてです。

 

スピ系の書籍・ブログでも「愛と恐れ」というテーマで情報があふれかえっています。

 

スピ系専門用語で抽象的に語られているので、スピ系に興味がない人からすると意味不明???の宇宙語の状態だと思います。

 

私もV心理学を学んでいた10年前は意味不明でした。   ようやく最近になって自分の中でも整理できました。

 

脳機能例えると理解しやすいです。   愛 = 人間としての子孫を残す本能(性欲の本能)

*気功の先生は動物としての本能なので愛ではないと否定しますが。

 

恐れ = 身を守るための本能(闘争・闘争本能)   人の行動は究極的に言えば「愛と恐れ」の二つの行動に分類されます。

 

皆さんご存知のように歌手の華原 朋美さんは1995年から2000年頃までは歌手として絶頂期にいましたが、音楽プロデューサーの小室氏と別れてから精神的に不安定になり。

 

薬物中毒になり一時期引退状態でしたが、最近はかなり元気に復活しています。

 

愛と恐れをスピ系専門用語で表現すると   小室氏と別れた後、別の恋愛もあったようですが「真実の愛」からではなくハートブレイクからくる「喪失感」を埋めようとする補償行為になります。

 

*補償行為とは何かを別のもので埋め合わせようとする行動。   うまくいかないのは当然で薬物中毒になるまでひどくなりました。(これはすべて恐れからくる行動です)

 

「傷つくならそれは愛ではない」という表現になります。

 

女性性に例えるなら「偽りの女性性」 = 感情的には依存的で恋愛行動も同様です。

 

しかし、ここまで復活できたのは「歌を歌いたい」という強い内的動機「ビジョン・夢」があったからです。

 

他にも「家族」のサポートもあって「愛されている」という存在も受容できたようですが。

 

癒しは強い内的動機があれば加速します。

 

*男性がよく間違う行為。

 

*女性は「愛されている」と実感すれば自分で立ち直りが早いので、間違っても「助けないと」と思う必要ありません。

 

現在は芸能界で歌に集中していますので、自分の中の「男性性」を育てていけば自分の感情に振り回されることもなくなってくると思います。

 

「真実のパートナー」も引き寄せ間違いなしですね。

 

ここを理解できれば男性はモテ度UP間違いなしですよ。

 

a0002_004088

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA