モチベーションアップ方法 「宣言効果」を積極的に使おう

モチベーションアップの方法に「宣言効果」という方法があります。

 

ある目標を達成するのに、あらかじめ目標を周囲に宣言してしまうと達成率が上がるという効果を「宣言効果」と呼んでいます。

 

この「宣言効果」を有効に活用しているトップアスリートがいます。

 

アテネ・北京オリンピック金メダリスト 北島康介選手です。

 

北島選手はプールに飛び込む前 「今日は○○秒で泳ぐ」 と他の選手や記者に宣言します。

 

自分自身にプレッシャーをかけることで、必ずクリアすると断言することで、ベストな状態で泳ぐことができることを経験から知っているからです。

 

具体的な数字の目標を入れて周りに宣言することでやる気・モチベーションが高まる効果があります。

 

この効果が大きなモチベーターとなり大きな成果につながることになります。

 

自動車メーカーHONDA創業者 本田宗一郎も「マン島TTレース」で優勝すると社内や周りに宣言して、当時の日本や世界で誰も想像できなかったことを実際に成し遂げました。

 

「宣言効果」はスポーツだけでなくビジネスにも活用できます。

 

人によっては逆効果になる可能性もありますが、プレッシャーに強い人には効果的な方法です。

 

Brain

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA