夢・目標を達成する必要条件「まず行動を起こすこと」

歴史上の偉大な発明家と呼ばれる。

 

レオナルド・ダビンチ、アンシュタイン、エジソンには共通点があります。

 

「一つのテーマを考え抜いて浮かび上がったアイデアを逃さないためにメモ魔になる」ことです。

 

京セラ創業者 稲盛名誉会長は「努力」「一生懸命」という言葉を使いません。

 

なぜならプロフェッショナルなら当たり前であると述べられています。

 

懸案事項があればそれを一生懸命考え抜いて行き詰まりの果、その瞬間に閃きがあると稲盛名誉会長は述べています。

 

引き寄せの法則、宇宙の法則で夢をかなえるという言葉がスピ系では大流行しています。

 

内容についてはスポーツ心理学で使われているアカデミックな手法と共通する部分もあるので、正しくもありますが。

 

必要な条件 「まず行動を起こすこと」 の条件が抜けていると感じます。

 

思い願うだけで 「夢がかなう、引寄せが起こる」

 

そんなマジカルは 100% ありえません。

 

大企業の創業者、歴史上の偉大な発明家、ノーベル賞受賞者などはすべて自分の分野で「没頭力」を発揮して成果を残しています。

 

メンターとメンターの師匠の二人が日本で最初にこの流れを作った張本人でもありますので言えますが。

 

(右脳教育と言えばほとんどの方が理解されると思いますが)

 

自分たちの夢をかなえるために「ハードワーク」は欠かせませんでした。

 

メンターとその師匠は「ハードワーカー」でした。

 

物理的に「願うだけで引き寄せる・実現することは」右脳パワーでも 不可能  と断言できます。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA