脳の都市伝説 「脳は10%しか使われていない」を検証

スピ系・自己啓発系セミナー・本でよく

 

「人間の脳は普段10%しか使われていない」

 

という表現を現在でもよく見かけます。

 

しかし近年の脳の可視化技術の発達で脳の活動状態がリアルタイムで計測できるようになりました。

 

脳の神経科学の世界では 脳の都市伝説 であることは常識です。

 

しかし日本では自己啓発・スピ系の世界では脳の都市伝説を見かけます。

 

日本では神秘的なことに対して強いあこがれを持つ人が多く。

 

スピ系・自己啓発系は時に大金が動き儲かる美味しいビジネスとして成り立っているということは事実としてあります。


脳が残り90%が目覚めるとすごいパワーが発揮されて夢・願望が実現して大金が手に入る


脳は常に全体的に活動しているので 物理的に100%ありえません


すでに理論としてはエセ科学として分類されます。

 

スピ系・自己啓発でそんな宣伝文句をうたっているセミナー・本は注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA