知らずに相手を怒らせるのはなぜ 「地雷を踏んでしまう」

定期的に心屋氏のブログを読んでいますが、今日は気になった記事があったのでご紹介します。

 

(ご本人は勝手にリンクしても構わないと書いてありますので勝手にリンクしました。)

 

↓↓↓

 

謝らない勇気

 

私もV心理学を学ぶまではコミュニケーションで相手をよく怒らせていました。

 

結構それが原因で自分自身が悩む時期が長かったですが。

 

メンターからこの原理を教えられて助かった部分があります。

 

相手が怒るのは相手が怒るポイント「地雷」を踏んだからですよ。(V心理学の内輪でこう呼んでいます)

 

相手が地雷を持っていたのを貴方が悪いのではなく地雷を踏んだだけですよ。

 

逆に相手の地雷を踏んだことでその人のその怒りの部分を昇華させて癒したことになりますよ。

 

だから貴方が罪悪感を持つ必要はないと教えられました。

 

10年以上前は目からウロコでしたが、当時は世間的にこういった考え方は一般的ではなかったですが。

 

心屋氏のブログを読んでいて、社会的に影響力のある人がこういった考えがあると発信しだす時代の変化を感じます。

 

相手を怒らしたからと自分に罪悪感を持つ必要はないです。

 

(但し故意・意図的に相手を怒らせるのは攻撃になりますが)

 

ただ、心理学の背景をあまりご存知のない一般の方が読んでしまうと誤解を招く恐れがありますが。

 

私もブログを書くときは言葉を選んで書くように心がけております。

 

私も「すぐに謝ってしまうタイプ」ですが記事を読んで自分のパターンを再認識しました。

 

アメブロを初めて4か月になりますが、自分のマインドに近いブログと繋がりを持つと気づきが深くなります。

 

このまま流れ(フロー)に乗ってしまいます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA