凄腕株式トレーダーの教え 「株式取引のルールと心構え」

私には各分野にそれぞれ専門分野のメンターがいます。

 

お金に関しては凄腕の株式トレーダーがメンターになります。

 

その方からは株取引のイロハからチャートの見方やテクニックを色々と教わりました。

 

チャートの見方や取引テクニックは秘密なのであまり書けません。

 

とにかく日経225先物取引をデイトレードで勝ち続ける凄腕でした。

 

(個人投資家で日経225先物取引で勝つことは至難の業です)

 

その方の教えを書きます。


1.株式チャートは投資家心理を表したもので、チャートには仕掛けのサインがあるそれを見抜け
 


2.必ず決めた売買ルールは守ること 


3.売買ノートに必ずつけること 


4.相場の局面で売買テクニックは変わる相場に臨機応変に対応せよ 


5.テクニックの引き出しは多く持て

 

相場の常識として。

 

「株式相場を操作するのは機関投資家」


「株式チャートを読み解くときは機関投資家目線・マインドで読み解くこと」

 

簡単なようですがこれが難しいです。

 

しかし、この視点でチャートを分析していると本当にチャートから機関投資家が仕掛けていることが分ってきます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA