残像カードトレーニングとfmシータ波

以前よりシータ波は浅い眠りの脳波とご紹介してきましたが、一部の研究者の間でシータ波が集中している脳波ではないかという説があります。

 

大脳辺縁系の中に海馬と呼ばれる部位があります。(短期記憶を保存する場所)

 

簡単言えば一夜漬けのテスト勉強の記憶ははこの海馬に記憶されるといわれます。

 

この時に額の中心部分からシータ波が測定されるという研究発表があります。

 

額の中心部から測定されるということで  fmΘ波  と呼ばれています。

 

脳の他の部位から測定されるシータ波は解釈としては集中力と関係ありませんが。

 

海馬が活発に動くとシータ波が多く発生して、額の中心部から測定されるので集中力と関係しているのでないかという仮説があります。

 

残像カードトレーニングをしているとこのfmΘ波が測定されるそうです。

 

まあスピ系的に言えばサードアイチャクラのあたりなので、なにか天のつながりと関係?????

 

脳波は研究者によって根拠がまちまちなので注意が必要です。

 

脳トレーニングの世界では残像トレーニングは集中力を高めるポピュラーなトレニングです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA