勉強・運動ができる天才児する教育 「ゴジラにしないこと」

以前の記事でも紹介しましたが、近年はテレビゲーム、スマホ、パソコンなどといった便利なツールが普及した反面、都会の子供は外で体を動かす運動・遊びをする機会が減っています。

 

米国オプトメトリストは子供の学習・運動に欠かせない重要な要素として。

 

「メンタル・ボディマップ」

 

日本語に訳すと  からだの中の地図   になります。

 

自分の体を自分でしっかり把握してコントロールできていますか?

 

ということです。

 

このメンタル・ボディマップができていない代表的な例では

 

1.体の動きがぎこちなかったり

 

2.運動が苦手である

 

3.左右をよく間違える

 

4.算数の図形をきっちりと認識できなかったり

 

5.地図がうまく読めない(空間認知能力が低い)

 

6.集中力・落ち着きがない

 

などなど

 

子供の学習・運動に多大な影響を及ぼします。

 

発達障害とも関連しますので、発達障害支援関係者は重要性を認識しつつあります。

 

メンタル・ボティマップができていない子供の動きはまるで


「ゴジラの着ぐるみ」

 

を着ているようなゆっくりとした動きのぎこちない子供に育ってしまいます。

 

それを防ぐには

 

外でいっぱい運動・遊びをさせることが重要です。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA