松下幸之助が語る 「成功する人との付き合い方」

α波研究の第一人者 志賀先生の著書の中で松下電器創業者 松下幸之助のエピソードがよく紹介されています。

 

志賀先生が独立される前は松下電器に勤務されていたからです。

 

松下幸之助の口癖は


「君ら、せっかくの人生やさかい運よう生きや」


「運のいい人と付き合って、その運を少し分けてもらえばいい」

 

だったそうです。

 

松下幸之助が社員の採用面接をしたとき必ず聞いたことが


「君はこれまで運がいいほうでしたか? それとも運の悪いほうでしたが?」 


と必ず聞いて「運が良かった」と答えた人を必ず採用していたそうです。 


ちなみに「運が悪かった」と答えた人は成績が良くても採用しなかったそうです。 


松下電器の成功の秘訣は「運のいい人」の集まりだったので、奇跡的な世界企業に成長したとも解釈できると語っておられます。



メンターもそうでしたが成功している経営者で「運がいい」と思っている経営者は意外に多いです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA