メンターの教え 楽しくなければ本当の勉強ではない

メンターの教えに子供の勉強は「楽しんで勉強する」を持論で多くの子供たちに実践していました。

 

メンターの幼児教室では本当に子供たちが楽しんで勉強していました。

 

メンターの家系は医者や学者といった親類が多く、頭のよい方が多かったそうで、メンターも子供のころ中国の古典を素読(何度も繰り返して誤りなく読むこと)しいてたそうです。

 

素読をすると教科書の内容が突然一挙に頭に入ってきたそうです。(右脳教育にもつながります)

 

メンターのご両親の兄弟もひらがな、カタカナ、漢字や計算式をカルタ、おはじき、トランプなど遊びを通して学んでいったそうです。

 

遊ぶために知らなくてはならないことを覚えて、できることが多くなるからどんどん楽しくなっていたそうです。

 

つまり勉強と遊びの区別がなく、本当に楽しんでいたそうです。

 

本当に楽しんで勉強していたので、親類に医者や学者が多かったそうです。

 

そういった家系でしたので、幼児教育が身近であったのでご自身も幼児教育を天職とされました。

 

メンターご自身の幼児教室でもその教育方針に基づいて、お子さん達に幼児教育を実践されました。

 

幼児教室の卒業生は有名国公立大学の医学部などに続々と進学しています。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA