メンターが教えてくれる 「異性から愛される条件」 後編

メンターが教えてくれた女性から愛される男性についてもそのまま忠実に書いています。

 

本日のテーマ 「女性から愛される男性」

 

多くの男性が間違っているのが、ジェームス・ボンドのような男性は、女性からは愛されないが「モテル人」ということです。

 

つまり、モテルと愛されるとは違っていて

 

愛される人というのは、あなたに全てを与え続けますという思いを抱く相手でモテル人というのは、ステキだけど あなたに全てを与えるのは不安だから「遊び程度ね」と思われている人です。

 

男性が目指している理想がジェームス・ボンドであれば結局は女性から遊ばれてしまう訳です。

 

1.自分に興味関心をもってくれる男性

逆説的には女性は「自分に興味の無い人」は愛さないということです。

 

2.共感してくれる男性

女性が話すと男性はアドバイスをしたくなる。助けなきゃや解決しなきゃと思う。

全く不要で、女性は共感してくれるだけで、何も判断せず聞いてくれる人でいい。

最後に一言「たいへんだったね」を添えるだけでいい、メンターからこのアドバイスを受けた方で、別居状態の方がうまくいったそうです。

 

3.女性の美しさを発見しつづけてくれる男性

女性がお洒落をして、ちょっとした変化を見つけて表現していく、 嫉妬で女性を束縛すればするほど、その女性の魅力が落ちてしまう。

男性が女性を選んでから、女性がどれだけ美しくなったかで「男前」が決まる。

 

4.ロマンティックな男性

ムードのあるデートを演出すること。いきなりホテルはうんざり。但し、35歳過ぎると、女性は現実的になり、男性がロマンティストになってしまうので要注意。

男性のロマンチテックな演出に対して、女性が「もったいない」と言うのは以上の理由。

 

5.自分の気持ちを話してくれる男性

男性は「考え」は話すが「気持ち」は話さない、女性は男性の感情を知りたいと思っている。

しかし、男性は最初に感じる感情は、抑圧が大きいので「怒り」を感じるので感情を感じることを抑えようとしてしまう。

 

6.日々の小さな心遣い

特別な日にプレゼントを渡すのは当たり前で、何もない日にプレゼントが欲しいのが女性。だからコンビニで チョコレート1枚でもいいから買って「君のために」と言って渡すのが良い。

小さなことでよいそうで、年間のプレゼントを100点とすると、働き続けて家庭サービスしていないので、海外旅行をドーンとプレゼントされても実は、女性から見たらただの1点。ダイヤの指輪もたった1点。

 

決して、でっかいことをしても100点にはならず、たった1点である。男性は海外旅行、これで1年分挽回100点一気にと思っているが 実はたった1点が現実。

 

メンター曰く「小さくてもコツコツと回数が大事」らしいです。

 

私もメンターからの教えを忠実に守って、嫁さんにはコツコツと小さなプレゼントを定期的にしています。

 

デキる男になりたい方は「女性から教わる」姿勢が大事と思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA