夢をかなえるこころのレッスン 「メンター」を持つ意味とは

今日のテーマは「メンター」です。

 

夢をかなえて幸せな人生へ導く鍵は「よきメンターに出会う」が最も重要になります。

 

私は幸運にも「尊敬するメンター」に出会うことができましたが、メンター自身も人生で重要なのは「よい先生に出会うこと」と語っていました。

 

前にメンターの条件について書きましたが、正直、本物のメンターを探すのは宝くじに当たるぐらい難しいと思います。

 

本物のメンターに出会えて指導を受けれたら人生においてラッキーなことだと思います。(科学的理論よりも重要です)

 

運にも左右されますが、まず探す行動を起こす必要があります。私もメンターに出会うまで何年もかけて探しました。

 

本物のメンターの指導法とは(あくまで個人的見解ですが)

 

1.マナー、言葉遣い、態度、社会的常識を厳しい指導ができる

2.個人の心の成長度合いに合わせた指導ができる(成長がとまっていればあえて指導はしない厳しさ)

3.教え子の選択した道を尊重する

4.お金の使い方、仕事に対する姿勢などを的確な指導ができる

5.その人の何年後か役立つであろう先を見据えた姿勢・考え方を伝える(聞いたときは分らなくても成長した時に意味が分かればよい)

 

メンターの言葉ですが「よい指導者になるには、何年もかけて人の何倍も勉強する必要があるよ」と教えていただきました。

 

かっこいいことばかり書きましたが、メンターも人間ですから嫌と思う面もたくさんありました。

 

聖人君子みたいな人はいないと考えたほうが良いですが、少なくともお金など打算的でなく信頼できる人をメンターに持つと人生が変わります。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA