夢応援プロジェクト 日本スポーツ界のメンタルの問題点を検証

アマチュアのゴルフ選手のN君です。

 

ゴルフのショット中に失敗したときのイメージが浮かび、うまく集中できないとの悩みを持っていました。

 

彼と出会ったのはあるメンタル関係の研究会でした。

 

たまたまその研究会で私がバイオフィードバックの事例についてメンタルトレーナーやスポーツ指導者に説明していた時に聞いていたのが縁でした。(全員アカデミック系の指導者ばかりです)

 

(本当の目的はメンタルラボの製品普及のためにあっちこっちに顔を出していました)

 

研究会が終わった後、彼らから話しかけてきました。

 

とにかく彼らからすれば話がとても新鮮だったようです。

 

もともと私も自分の問題を必至になって解決する為に専門知識とトレーニング理論・実践を学んでいたのが、いつの間にか気がつげはメンタルの専門家すら知らない理論・トレーニング法を習得していました。

 

(今もただの素人なんですけれども、教えてもらった先生がすべて各分野のパイオニアだったのが要因です)

 

どうも話を聞いているとまだまだスポーツ選手のメンタルに関しては意識が低いようでしたので、レクチャーの必要性を感じました。

 

ちょうどソチオリンピックで浅田真央選手・高梨沙羅選手のメンタル問題がクローズアップこともスポーツ選手に直接、日本・海外の最先端トレーニング理論を啓蒙する必要性を感じたことも要因です。

 

日本のメンタルトレーニングは残念ながらまだ紙ベースのアナログ時代で海外はITを駆使したデジタル時代に突入しているといえばイメージがしやすいです。

 

日本人は遺伝的にもメンタルが弱い傾向にありますので、海外勢と戦うには日本も独自にデジタル化を進める必要かと思います。

 

そういう思いから夢応援プロジェクト(スポーツ編)を立ち上げました。

 

日本のアスリートは個人の責任で世界と戦っているので、そこは同じ日本人として支援したい気持ちと同時に世界に日本人の意地を見せてやろうと思っています。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA