癒しに携わるセラピスト必見 天と繋がると脳波の関係(あくまで仮説です)

前回は人との脳波共鳴について書きました。

 

V心理学でも人と人とは潜在意識下で繋がっている、人類全体はさらにこの集合無意識で繋がっていると教えらてれきましたが、その分野については脳の共鳴現象で説明できると考えています。

 

V心理学で教えられた要素に高次の意識とのつながり、天とつながりその恩恵を自分を通して与えることの重要性を散々教えられてきました。

 

この意味がまったくなんのこっちゃかさっぱり意味不明?

 

V心理学で一緒に学んだエネルギー系ヒーラーからも「天・人・地」「地球を癒す」という言葉が出てきて、さらに何のこっちゃか意味不明?

 

当時は本当に意味不明でしたが。

 

最近になり大脳生理学・生体情報工学とV心理学など学んだことを自分なりに整理できたのでそれを書いてみます。

 

NHK「超常現象 科学者たちの挑戦」の放映をみて、この分野に少し踏み込んでみよう思い今回記事にしました。

 

これについても志賀先生の理論がヒントになっています。

 

地球の周りにはシューマン共振といわれる電磁波があり、その周波数が一次7.83Hz.二次14.1Hzだと言われているそうです。

 

このシューマン共振一次周波数の周波数帯はヒーリング効果が高いと言われています。

 

ちょうど脳波のシータ波とアルファー波の中間にあたる周波数です。

 

天と繋がるとは人の脳波が7.83Hz近くになった時、このシューマン共振一次周波数との共鳴ではないかと仮説があります。

 

前頭葉の脳波がスローアルファー波以下の脳波になると前頭葉の活動は低下します。

 

そうすると前頭葉の抑制が低下して、大脳辺縁系・脳幹といった部分の活動が活発になります。(普段は前頭葉がコントロールしています)

 

大脳辺縁系・脳幹は動物としての本能の部分にあたるわけですので、この部分でシューマン共振をキャッチして脳波と共鳴すると考えられます。

 

凄腕気功系ヒーラー(男性)から上達のコツは本能の脳を目覚めさせることがキーであると聞いていましたのでここで話がつながります。

 

シューマン共振と脳波共鳴すると周囲にヒーリング効果などにつながると推論できます。

 

これが天とつながり自分を通して周りに与えるとの意味になると考えます。

 

あくまでも個人的解釈ですので、雑学程度の参考でお願いします。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA