心拍変動を鍛えて夢をかなえよう

「スタンフォードの自分わ変える白熱教室」にも紹介されています「心拍変動」ですが、夢をかなえる二つの欠かせない条件を鍛えれます。

 

1.夢に向けてチャレンジする「意志力」を高める。

 

一分間に六回前後のゆっくりとした呼吸をすると、心拍の揺らぎがゆっくりとした状態になるので前頭葉が活性化されるので「意志力」が高まります。

 

前にも書きましたが前頭葉は行動を決める司令塔なので、「意志力」を高めるには前頭葉の活性化が欠かせません。

 

2.夢を邪魔する「恐れ」をコントロールする。

 

「恐れ」は感情を司る脳(大脳辺縁系)の部分が過剰に反応して、心拍数が早くなり心拍の揺らぎが細かくなります。また筋肉が緊張状態になります。

 

いわゆる闘争・逃走本能が働くからで、大昔の本能部分の名残で緊張する場面になったとき敵と戦うか逃げるかどちらかを選択したからです。

 

一分間に六回前後のゆっくりとした呼吸をすると、心拍の揺らぎがゆったりとした状態となるので、副交感神経優位になり大脳辺縁系の過剰反応が落ち着つきます。

 

そうすることで「恐れ」の感情が落ち着く訳です。

 

海外では心拍変動バイオフィードバックトレーニングが盛んに取り入れられています。

 

スポーツアスリート、証券トレーダー、経営者などセレブ層ほど重要性を認識していますので、積極的に取り組んでいます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA