夢を邪魔する脳のしくみ 脳の中の二人の自分が対立

今回は脳の大まかな仕組みについて説明します。

 

脳を断面から見た場合、大きく三重構造になっています。

 

大脳新皮質 合理的で分析的な思考や、言語機能をつかさどる

大脳辺縁系 感情を司っており、意欲や記憶、自立神経をコントロール

脳幹     生命活動をつかさどる 呼吸、循環、消化器、生殖など

 

普通の人は自分の意志はひとつだと思っていますが、実は二人以上の自分がいます。

 

一人は理性をつかさどる自分=大脳新皮質

 

一人は感情・欲求を満たそうとする自分=大脳辺縁系

 

じつは自分の意識はいつもこの二人の自分が対立しています。

 

例えばやらなければならない仕事があった時、理性の自分はその仕事をしようとするが感情・欲求の自分はめんどくさいと思って先延ばししようと対立があります。

 

意志力が弱ければ感情・欲求の自分が勝ってしまいます。

 

この対立が時として夢や自分を変えることを邪魔します。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA