夢をかなえる目標設定法

夢をかなえるには心理学、脳力開発など様々な手法がありますが共通している項目について説明します。

 

意外に思いますが日本スポーツ心理学会(メンタルトレーニング)のような、アカデミックな心理学とも共通する部分が多いです。

 

1.夢を目標にして明確化する。

2.目標が心から望んでいること。

3.いつまでに実現したいか期限を決める。(心理学等の手法によっては期限をきめないこともある)

4.目標を文章にする場合、~したい、~なりたい、ではなく ~なりつつある、~なっているという表現にする。(~したい。~なりたいでは潜在意識はその状態を続けてしまうからで、~なりつつある、~なっている、と現在進行もしくは完了形にする)

5.文章化しない場合、雑誌などの写真を利用して夢をビジュアル化する。(普段から目に入るような場所に置く)

6.イメージワークする場合、α波状態になりビジョン(願望)を達成しているイメージを繰返す。(この場合、満足感、期待感といった感情を持つことが大切、脳からホルモンが分泌され意欲が高まるからです)

 

注意点として、日頃は夢を忘れているぐらいで丁度よいです。

 

普段から強く思い続けていると潜在意識は実現していない状態を続けてしまいます。

 

忘れた頃に実現していることが多い。

 

忘れていても脳のフィードバック制御が働くので意識していなくても実現へ潜在意識が向かうからです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA