夢をかなえる「脳とこころ」のしくみ1

夢をかなえる「脳とこころのしくみ」について理論を何回かに分けて書きます。

 

昨今、成功・ビジョン(願望)を実現というテーマで本や心理学系・スピリチュアル系のセミナーやメソッドが数多くあります。

 

自分でも人生に行き詰って多くのことを何年もかけて勉強してきたことで、成功者の脳とこころの仕組みについて理論構築がてきました。

 

ここでは脳とこころについて簡単に説明します。

 

こころは大きく分けて顕在(意識できる)意識と潜在(意識できない)意識に分かれています。(色々な心理学によっては潜在意識以下をさらに分類している。)

 

普段は顕在意識と潜在意識には壁(クリティカルファクター・臨界因子等とも言う)があります。

 

脳の部位では左脳前頭葉が顕在意識にあたり、潜在意識は右脳全体と左脳の一部があたります。

 

顕在意識(左脳前頭葉)は3~10%・潜在意識(主に右脳)は90~97%という割合であるが脳にもそれが当てはまる。

 

脳は3%しか使われておらず残り97%は使われず眠っているという説がありますが、あれはただの都市伝説であり脳科学者にそんな質問をしたらバカにされるだけです。

 

脳の部位で意識できている部分が3%程度で、残り97%は意識できないが活動はしているという表現のほうがよいです。

 

もし活動していないなら脳細胞は死滅しています。

 

夢

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA