男の恋愛・結婚講座 「依存型恋愛」 女性の恋愛3ステップと恋愛問題の解決法

「依存型恋愛」女性と恋愛関係になった場合、「依存型恋愛」女性の恋愛ステージには3つのステップがあると考えてもよいと思います。

 

1.ロマンス時期 → 2.心が揺れる時期 → 3.犠牲・尽くしてしまう時期

 

1.「ロマンス時期」 女性は「彼氏と一緒にいるだけで幸せ」と感じますし、男性も「与えたら素直に喜んでくれる」「スウィートな甘い感じのオーラ」などに「依存型恋愛」女性の持つギフトに魅力を感じます。

 

基本的に男性は「彼女に与えたい」単純な生き物ですので、素直に喜んでくれる彼女優先でお金・時間・労力を使うことに努力を惜しみません。

 

彼女にとってはほとんどのニーズを彼氏が満たしてくれるのでとても幸福感を感じる時期でもあります。(とても我が侭になる女性もいますので男性は注意の必要があります)

 

2.「心が揺れる時期」 恋愛期間が長くなると彼氏も恋愛感情が落ち着いて来ます。たいていの場合、ロマンス時期の男性は「彼女を最優先」にしますので無理をしている部分も多くあります。

 

しかし、無理をしていてもそれは長く続かないので「仕事の都合で無理」「デート代は割り勘にして」等々など「彼女のニーズを最優先」ではなくなってきます。(実際、男性は仕事は大変なのです)

 

彼女は「彼氏が前ほど自分のことを大切にしてくれない」と不安感に襲われ「心が揺れる」あまり癇癪を起したり、我が侭になったり、引きこもったり感情的な行動を起こして彼氏を困らせる行動に出ます。

 

ニーズを最優先で満たす  ≠ 愛情 ではないと理解できない女性が多くいます。(彼氏が怒ったり・うんざりしたり嫌わてしまうパターンです)

 

3.犠牲・尽くしてしまう時期 「前ほど自分にかまってくれない」「もしかして愛情がなくなった?」と彼女は不安感に襲われます。

 

彼女は「彼氏への愛情が中心」ですので、あまり彼氏に強い態度に出ることができないケースが多く、むしろ彼氏の好みの女性になろうと無理に合わせようとする行動をとります。

 

彼氏好みにファッションをしたり、掃除や洗濯など身の回りの世話までするようになってきます。

 

基本的には男性は単純で気が利かない生き物ですので「それが当たり前」という勘違いをします。

 

しばらくすると「彼の為にこれだけ尽くしているのに効き目ない?」「気づかない彼に口に出さないと気づかないの?」という「怒り・不安感」という感情になってしまいます。

 

「彼にはもう期待しない」と嫌いになり始めたり、最悪の場合「彼との恋愛はもう疲れたからもう別れる」というケースにも発展します。

 

こういった「恋愛依存型」女性との恋愛トラブルを解決する方法として「彼氏」から自分の感情を「彼女」にコミュニケーションして伝えてみることです。

 

男性は自分の感情を女性に伝えることが苦手です。

 

しかし、女性は男性からの感情のこもったコミュニケーションをとても喜びます。

 

お互いの感情・価値観・目的など一度真剣にシェアしてみることもよいと思います。

 

彼女が彼氏のことを一番に思ってくれる甘い恋愛関係は、くれぐれもこの時だけですので男冥利につきる時期をぜひ楽しんでください。

 

a0006_001809

 


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA